カラダの健康

便秘改善のための健康茶選び!原材料の成分確認も忘れずに

ゴボウ茶

便秘薬を使うとだんだん効き目が悪くなると言われていますので、できれば便秘薬に頼らないで便秘を解消したいと思っている人は多いはずです。

そこで、便秘の解消に健康茶」を試したことがある方は多いのではないでしょうか?

健康茶と言っても、中には便秘薬に匹敵するほどの下剤効果がある植物もありますので、どんな点に気を付ければよいのか探ってみることにしましょう。

健康茶に対する思い込み

健康茶」と聞くと、自然派志向で身体への作用も穏やかで安心というイメージを持ってしまうのではないでしょうか?

しかし、健康茶の中には下剤成分であるセンノシドが含まれている植物が使われている場合は注意しなければなりません!

このセンノシドは、人によってはまれに激しい下痢を起こす可能性があるため医薬品成分に当たります。

下剤成分のシンノシドが含まれているお茶とは

センノシドが含まれている植物としてセンナは有名ですので、便秘に悩む方であれば試してみたことがある方もいることでしょう。

また、最近健康茶やダイエット茶にブレンドされていることの多い「キャンドルブッシュ

(別名:ゴールデンキャンドル、ハネセンナ)にも、センノシドが含まれています。

キャンドルブッシュは飲む量に気をつけましょう

キャンドルブッシュは医薬品ではありませんので食品扱いになってしまいます。

国民消費者センターの発表によりますと、キャンドルブッシュがブレンドされた健康茶の中にはカップに2、3杯飲むことで医療用医薬品とほぼ同じ量のセンノシドを取ってしまうことになってしまうものもあるそうです。

健康茶にキャンドルブッシュがブレンドされている場合は、飲む量や飲み方には十分気を付けなければなりませんので、まずは少しずつ試してみることをおすすめします。

便秘薬を止めるための健康茶のはずが…

便秘薬を飲むのを止めたくて、健康茶を飲み始めた方も多いことでしょう。

しかし、多くの便秘薬に含まれている下剤に当たるセンノシドが含まれた健康茶を飲み始めたのでは、便秘薬を飲んでいるのとあまり大きな差はないことになってしまう可能性があります。

センノシドは大腸の働きを刺激することで便秘を改善しますが、センノシドによって大腸を常に刺激するようになると、だんだんとその刺激に慣れてきてしまいます。

その結果として、便秘解消効果がだんだん落ちてきてしまい、より多く摂取することが必要になってきます。

これでは、便秘薬を止めるための健康茶だったはずが、便秘薬と何ら変わらないものになってしまう可能性があります。

こうならないためにも、健康茶を試してみるときには、その原材料を事前に確認しておくことが必要と言えそうです。

既に健康茶を飲まれている方も、これから便秘対策として健康茶を飲んでみようと思っている方も、健康茶にブレンドされている材料を事前に確認されることをオススメします。

毎日の生活の中に簡単に摂り入れられるお茶とは

毎日の食事などの中で簡単に摂り入れられるお茶は、無理なく続けられる方法ですので試してみたいですよね。

水分不足が原因で便秘を引き起こしているケースもありますのでお茶による改善は試してみる価値がありそうです。

特に次の成分が含まれたものであれば便秘解消に役立つ可能性が高くなります。

  1. カテキン:腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす ⇒ 緑茶
  2. ビタミンC:善玉菌の働きを活発にする ⇒ 緑茶
  3. マグネシウム:便の排出を促す ⇒ ルイボスティー
  4. 水溶性食物繊維:便を柔らかくする ⇒ ごぼう茶

便秘に悩まされることが年に数回という方であれば、その場ですぐに便秘薬を飲んだり、キャンドルブッシュなどがブレンドされた健康茶を飲んだりするのもありかもしれません。

しかし、ほぼ毎日便秘に悩まされている人の場合は、常習性を考えるとすぐに便秘薬を飲んだり、キャンドルブッシュなどがブレンドされたお茶を常飲したりするのは少し考えた方が良さそうです。

まとめ

便秘薬を止める手段としての「お茶」は、普段の生活に自然に習慣づけることができる方法と言えそうです。

また、「お茶」は無理なく便秘対策を行うことができますので、便秘を改善する条件に合ったものを選んで取り入れてみてはいかがでしょうか?