カラダの健康

腸内細菌がよろこぶ3種の大好物をまとめてみた

腸内環境に良いものって、たくさんありますが、効率よく効果的なものはどんな食べ物があるのでしょうか?

腸に効果的な食べ物を大きく分けて3種類にまとめてみましたので参考にしてみてください。

腸内細菌には納豆などの大豆が良い

腸内環境にとって一番相性が良いのは、なんといっても納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品と言われております。

特に納豆は、食物繊維も豊富にとれる発酵食品であるため腸内にとって抜群の相性なんですね。

納豆は決まって朝食に食べるという方は本当に多いと思いますが、実は納豆って夜に食べたほうが良いらしいです。

夜の方が腸の働きがとても活動的なので整腸作用が働きやすくなり、血流もスムーズになるようです。

腸内細菌には食物繊維たっぷりの野菜が良い

食物繊維がたっぷりの野菜類は、根菜といわれる根っこ系の野菜や葉物といわれる葉っぱ系の野菜。または豆類など腸内にとって本当にたくさんいいものがあります。

しかし最低一日どんぶり一杯程度、野菜たっぷり取らなければならないのって結構大変ですよね。

色々調理しないと中々たくさん食べられない野菜ではありますが、一番手軽にたくさん食べられるのは、なんといってもキャベツです。

刻んだ生でも手軽にたくさん食べれますし、煮たり炒めたり色々調理方法がありますのでキャベツが一番楽でしょう。

それから、きのこ類の存在も忘れてはなりません。きのこ類には腸の機能を活性化させる成分、免疫力を高めるものがたくさんあるのです。

きのこならなんでも効果があるそうなので、しいたけ、エリンギ、しめじなどなど積極的に食べましょう。

腸内細菌には発酵食品が良い

発酵食品こそ善玉菌を活性化させる成分がたくさん入っています。

納豆や味噌、ヨーグルトやチーズ、ぬか漬けなど腸内を酸性に保たれ善玉菌が増える環境が整うのです。

その中でも気軽に摂取できるのは、乳酸菌が入ってるヨーグルトですよね。腸内環境を改善させるヨーグルトは、ビフィズス菌やカゼイ菌、ブルガリヤ菌やクレモリス菌など乳酸菌が色々あります。

しかし、その乳酸菌は誰にでも合うわけではなく、人には人に合った乳酸菌というものがあるようです。

全然合わない乳酸菌を摂取しても、腸内環境の改善はせず、何も効果が無いものもあるんですね。

乳酸菌が入っているヨーグルトは、万人に合うわけではないものなので、2週間~3週間食べ続けてみて、腸にとって良い変化が出るかをしっかりと見極めなければなりません。