カラダの健康

便秘が治らない原因はねじれ腸?日本人の80%がねじれてる!

便秘解消に良いとされている発酵商品や食物繊維を毎日摂取し、水分もたくさん飲み、それなりに運動して便秘改善のために色々試したという方も多いです。

更に酷い時は便秘薬も服用してみたが全く効かず、適正な量以上飲んでも出ないなどなど深刻な悩みを抱えている方も少なくありません。

『自分は便秘の体質なので治らないのは仕方が無い・・・』とあきらめていませんか?

便秘に効果があるとされているもの、何をどう試しても効果が薄い場合はねじれ腸の可能性もあります。

今回はねじれ腸の特徴や改善法などまとめてみましたので参考にしてください。

ねじれ腸は日本人の特徴?欧米人には少ないねじれ腸

実は、日本人の約80%がねじれ腸の疑いがあるとも言われています。ねじれ具合は大なり小なりあると思いますが驚きの数字ですね。

一般的に大腸のかたちと言えばイラストのように四角い形を想像する方がほとんどだと思いますが、日本人の大腸は、複雑に曲がり角が多く留まりやすい場所が多いのです。

すなわち便秘症に悩んでいる方のほとんどが、四角い形をしていないとも言われています。

日本人と欧米人の違いなんて差ほど無いのかと思いきや、欧米人の殆どが四角い腸のようで、ねじれ腸の方は稀な様です。

食生活が偏ってる欧米人でも便秘に悩むことが少なく、色々気を使っても便秘になってしまう日本人を比べると溜まりやすい腸の形、ねじれ腸と言うのは納得ですね。

また、日本人にねじれ腸が多いといわれている原因の一つに、腸が固定されていないということがあげられます。

欧米人の腸は上行結腸と下行結腸が背中側に固定されておりますが、日本人の腸は固定されていなく、自由に曲がりやすく変形しやすいのが特徴なのです。

長期間便秘に悩まされている人は、ねじれた腸は曲がり部分に便が留まりやすく、その留まった便の重みで伸び、更に通りが悪くなり便秘が悪化してしまうことも原因です。

もしかしたらあなたもねじれ腸かも!ねじれ腸の特長をチェック

腸がねじれているかもしれない特徴とは

・便秘が酷くなるといつもお腹が痛くなる
・硬い便の後に下痢気味になることが多い
・小さいころから長期間便秘だった
・運動をやらなくなったころから慢性的な便秘になった

などなどで、複数個当てはまる場合は、ねじれ腸の疑いがあるといいます。

便秘が酷くなるとお腹も痛くなってしまうタイプの場合、ねじれ腸の狭い部分は硬い便が通りにくく腸内の圧が上昇して痛みが出るとも言われています。

便秘になって、いつもお腹の同じ部分が痛くなるような場合は、ねじれ腸の可能性が高いかもしれません。

便秘の後に下痢便や軟便になっていることが多い方は、簡単に言うと硬い便の栓が抜けたと考えれば分かりやすいと思います。ねじれ部分で便が留まってしまうと、腸内の反応により水分を放出します。

いつも硬い便が排便した後に急に軟らかくなる場合は、一つの原因にねじれ腸の可能性も考えられます。

小さいころから便秘に悩んでいる場合もねじれ腸の可能性が高いです。腸の形は遺伝することが多く、親子の腸を比べると同じ形をしていることが多いといいます。

ということは、ねじれ腸の親からは、ねじれ腸の子と言うことで、生まれつき便秘になりやすい形なのかもしれませんね。

最後に運動をやめたころからの便秘について。学生のころの部活などで毎日のように運動していた方の場合は、少なからずねじれ腸だったが運動をしていたことによって便秘知らずだった可能性もあります。

運動によりねじれ腸は揺らされたり刺激があってスムーズに排便できていたという方は結構多いといいます。

部活などでの運動をやめたころから腸への刺激が無くなり便秘になってしまったなどの場合は、ねじれ腸の可能性もあるようです。

ということは、ねじれ腸が原因の便秘は、運動によって解消する可能性が高いということです。

ねじれ腸にはねじれ解消運動が効果的

お腹を腸マッサージなどで留まっている部分を刺激して、便秘解消することは効果的な方法の一つとも言われています。

しかしすべての腸を直接マッサージなどで刺激できるわけではないのです。横行結腸から下行結腸に変わる部分は肋骨下にあるので腸マッサージで刺激できないところもあるのです。

留まりやすい部分が直接マッサージなどできない場合は、身体をひねる運動が効果的です。

この上半身を左右にひねる運動は、運動が苦手な方でも簡単にできる運動なので、続けられることができ効果も高い運動なのです。

こんなので出たら苦労しないよ・・・と言っていた方もお通じが良くなったと報告されているようですので、是非続けてみてください。

まとめ

便秘になってしまう原因は本当に様々で、一つの方法だけで解消するのは難しと言われています。

今回まとめた事のように、特に腸がねじれてしまっている場合は、お腹に良いとされているものだけを摂取しても効果が薄い場合があります。

便秘解消法の近道は、あなたがどのタイプの便秘かを知ることと、毎日続けられる便秘解消法を見つる事です。

今回まとめたねじれ腸の場合は、簡単なひねり体操と合わせて食生活も整え、あなたに合ったお気に入りの方法で一日でも早く便秘を良くしていきましょう!