カラダの健康

禁煙後に便秘に悩む人続出!タバコをやめてからの離脱症状が原因?

最近では気軽に喫煙できる環境が少なくなってしまったり、価格の高騰、もちろん健康のために禁煙をという方が確実に増えています。

しかし、タバコをやめて健康になろうと頑張っているのに、タバコをやめたら便秘になってしまう方も結構多いのが現実です。

なぜタバコを吸っていたときは便秘とは無縁だったのに、やめた途端に便秘気味になってしまったのでしょうか?

実はタバコには排便を促す作用があるのです。

今まで排便できていたのは、タバコの影響だけかもしれない

タバコにはニコチンが含まれていて、そのニコチンには腸を刺激し排便を促す作用があるといわれています。

また、ニコチン成分のことだけではなく、タバコを吸うことでリラックスできるという部分もあるのかもしれません。

腸内環境が良くない状態でも、長年タバコを吸い続けて気付かない状態だっただけで、ただ単に喫煙によって促されていただけということもあるのです。

身体の健康を考え禁煙し、腸内環境の悪化が発覚するケースもあるのであれば、禁煙して気付くのは本当にラッキーですね。

中々腸内環境の良し悪しは普段の生活からは判断付きにくい場合もあります。

特に多い例は、タバコを吸っていた女性が妊娠した場合です。喫煙の影響で問題なく排便されていた方が妊娠が解ってから禁煙して瞬く間に便秘症に陥ってしまうことが多いようです。

腸内環境に問題なく、タバコを吸っていなかった女性でも妊娠や出産の影響で便秘になってしまう方も多いので、当然そうなってしまうことは不思議ではありませんね。

タバコには、心臓の病気や肺ガンの原因になる活性酸素を発生させ、腸内にも負担をかけてしまいます。

当然わかっていると思いますが、間違っても便秘解消させるためにタバコを活用するだけは絶対にいけません。

禁煙が続かない原因の離脱症状とは?

非喫煙者には理解できないと思いますが、喫煙が長かった人ほど禁煙後の離脱症状に悩まされ、再びタバコを咥えてしまうのです・・・

禁煙後に影響を受ける離脱症状とは?

禁煙を始めてすぐに起こるのは便秘に悩まされたり、睡眠をしっかり取っているのに眠気が襲ってきたり、軽いめまいが出たりもします。また吹き出物や肌荒れなど肌の調子を崩したりする方もいます。

便秘の他に離脱症状で一番多いとされているのは、禁煙からくるストレスの問題です。良くも悪くも毎日の習慣を変えるというのは本当にストレスになり、そのストレスからくる便秘ということもあるようです。

実は私も昔は喫煙者でしたので気持ちはわかります。

タバコは仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションツールだったり、ホッと一息リラックスさせるためのアイテムだったりしてストレス解消にもある意味大切だと思ってました。

しかし本来は喫煙していたことが身体にとって大きなストレスだったということ、喫煙することで麻痺してしまっていたという事を忘れてはいけません。

何らかしらの離脱症状は、数日から数週間、長い方で数カ月かかるとも言われて、一般的に喫煙歴が長かった方ほど改善に時間がかかるといわれています。

タバコは百害あって一利なし。やめた方が良いということはあなたもわかっているはずです・・・

しかし、喫煙は肺に悪いことはもとより、大腸にも悪影響を及ぼし大腸がんの原因ともいわれていますので注意です!

タバコを吸うことによる大腸がんのリスクは

大腸がんは、お酒を飲まない人よりもお酒の飲み過ぎる人の方が、かかりやすいという事はよく聞く話ですが、実はタバコもガン発生リスクに影響があるのです。

世界的に見ても欧米人に比べ、特に飲酒率と長期間の喫煙率の両方が高い日本人が、大腸がんリスクが高めで、実際に増えてきているといわれています。

日本では特に男性の喫煙飲酒率が高いので、お酒もたばこもやらない人に比べて、大腸がん発生率が約3倍となるそうです。

なぜお酒とタバコが身体に悪いのは容易に想像がつきますがもう少し簡単に説明すると、発がんの原因の一つにアセトアルデヒドが関係します。

お酒の成分の一つにエタノールがあり分解されるとアセトアルデヒドになります。そして分解される際に出る活性酸素により細胞の物質が破壊され、修復の過程でガン化してしまうといわれています。

タバコの場合、煙の中には有害な発がん性物質が多く含まれており、喫煙者の肺などの呼吸器官から発がん性物質は発見され、大腸の粘膜からも検出されるくらいなので大腸がんになっても決して異常なことではありません。

こうしてみると、飲酒と喫煙の両方の大腸がん発生率が3倍というのは納得がいく話です。

まとめ

近年では、大腸がんでの死亡率は胃がんを抜く可能性も予想されています。しかし、大腸がんは早期発見により完治させることが可能なガンの一つです。

大腸の検査は、大腸内視鏡検査が一番良いのですが、色々と恥ずかしかったりで抵抗があるのはよくわかりますし、ついつい見送ってしまいがちです・・・

どうしても抵抗がある方は、まずは便潜血検査だけでも受けることをおすすめします。

便潜血検査は便を提出するスタイルですので、まずはここから始めてはいかがでしょうか?

気軽な検査とはいえ初期のがんは50%、進行のがんは80%も発見することができ、大腸がんの死亡率は最大で約80%も下がるというデータもあるのです。

特に喫煙を長期間している方は、すぐに禁煙と言うのは難しいかもしれませんが、何もしないではなく、まずは大腸がんにならない環境をつくることが大事です。

まずやるべきことは、腸に良い食べ物をしっかり摂取し、水分もしっかり補給し、規則正しい生活にしてストレスをため込まないのが理想です。

一度にあれこれやるのは難しいかもしれませんが、一つでも自分に合うものを続け、腸内環境を整え今悩んでいる便秘を解消させるようにしましょう!