国内ニュース

【神戸市】アルコール依存症治療の医師が飲酒事故を起こした!院長の名前と顔写真

2月11日、兵庫県神戸市須磨区の医師(67歳)が飲酒運転で事故を起こしました。

この医師は、アルコール依存症の治療を行うクリニックの院長ということが判明しました。

本当に、信じられません・・・

兵庫県警垂水署は11日、酒酔い運転の疑いで神戸市須磨区の医師の男(67)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後3時半ごろ、同市垂水区名谷町付近の路上で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転した疑い。容疑を認めているという。

同署によると、男は直前に対向車線のガードレールにぶつかる事故を起こし、駆け付けた同署員のアルコール検査で飲酒が発覚。男は同市中央区にある、主にアルコール依存症の治療を行うクリニックの院長をしているという。

出典 神戸新聞NEXT

神戸市中央区にあるアルコール依存症治療医院は?

今回飲酒運転事故で逮捕された医師は、以下のお近くのクリニックにてアルコール依存症について相談してみることをオススメします!

兵庫県神戸市中央区にある「アルコール依存症が治療できる病院」で検索したところ、3件ヒットしました!

  1. 幸地クリニック
  2. ナカムラクリニック
  3. 宋神経科クリニック

他にもアルコール依存治療をしているクリニックがありそうですが、特に専門的な知識があるのはこの3つの医院でした。※今回の飲酒逮捕との関係はありません

 

① 幸地クリニック


幸地クリニック院長氏名 幸地 芳朗

住所 兵庫県神戸市中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館709号

幸地クリニックのGoogle口コミ

一方的に決めつけられて気分が悪かったです。悩みがあるから行っているにも関わらず、話の腰を折って時論を展開する。もう二度と行きません。

結果から申し上げますと、私は当院での治療を断念しました。

長田区のこうづきメンタルクリニック院長より紹介があり、就労支援デイケア及び、カウンセリングを1ヶ月ほど受けました。
中にはためになる話もしていただけました。しかし、デイケア担当の女性スタッフの何気ない発言が、精神病患者と心のバリアを張っているように聞こえてしまい、それ以来ご信頼を置けなくなったのです。
また、私の職業も特殊すぎて、当院での就労支援プログラムに合わなかったというのも一因です。
以上の件を鑑みた結果、当院での治療を断念いたしました。
何かのご参考になればと思い、投稿させて頂きました。

自分に合う病院をさがしているのに、一方的であなたは何をしたいのか、わからないと言われ依存専門の病院はまったく話にならない。医師は年寄りで何がわかるのか。二度と行きたくない病院です。あなたならどう思いますか。診察室の前に例会の掲示している。あきらかに例会にでなければ診察しないのと一緒です。住まいの事言ったら、不動産を探せば借りているのもいると言われ腹が立つ。そんなもんはな、ごく恵まれているものや!世間をまったく知らない人が言うことや!けったくそ悪い医師や!現実を知らないんか!自分がみじめなだけや!交通費をかけて行くほどではなかった!

「失礼ですが学歴は?」
医者のこの質問はとても失礼だと思います。
記憶の想起があって病院へ行きましたが、
私の記憶は全てあり得ないと断言されました。当たり前ですが、他人の記憶をあり得ないと断言することは論理的に正しくありません。
子供の頃の記憶をそのまま思い出す訳がないことくらい知っています。ですが記憶とはそんなに単純なものではありません。
事実、古い友人との接触により、医者から否定された記憶が正しかったことが証明されました。
また、私の記憶が間違っていたとしても、
それを否定されたところで消えるものではありません。医者だからというだけで信じるというような、カルト信者のような趣向は持っていません。
自閉スペクトラム症と解離性障害の関係を医者は知っているのでしょうか。この病院へ行った後に、たまたま受けた臨床心理士のテストによって発達障害の可能性を指摘され、調査の結果、自閉スペクトラム症であることが判りました。
問診で発達障害を見抜けなかったのは診療項目に無いからでしょうか。違うと思います。今の私は、自分がPTSDだとは思っていません。それがどんな理屈で診断として下されるかは考えれば解ることですし、PTSDでないとした医者の判断は正しいと思います。問題はそんな事ではありません。
医者は病院を訪れた人間を診断する以上、
相手に物事を伝えなければいけません。
部外者になる事が客観性なのでしょうか。
私は違うと思います。
相手の立場になって伝えなければ、
何事も伝える事は出来ません。知性とは自身の頭で考え、自身で物事の正否を判断する能力の事、それが倫理観を持つという事です。自身を客観視出来なければ、
知性を持つことは出来ません。
病院を訪れた者が、もう二度と病院へ行きたくない、そんな風に思わせるべきではないのではないでしょうか。
出典 Google

② ナカムラクリニック

兵庫県神戸市中央区元町通4丁目-4-8 タイムスビル7階

ナカムラクリニック院長 中村篤史

とても若々しく、イケメンですね!

ナカムラクリニックのGoogle口コミ

家族がお世話になりました。誠実できちんと話を聞いてくださる先生です。
自分と向き合い、前に進む事ができました。
薬でなく、サプリです。厚労省や大多数の医師の薬や治療に長年疑問を持ってました。
治そうと本気で思われる人に勧めます。再診の予約はしません。待合室にも患者さんは溢れていません。
ダラダラ、ズルズル、国や医師に無駄に時間もお金も寄付したくないと思う方用です。
誠実な先生です。オーソレモキューラーでの診察もおこなってくださり、長年の鬱が驚くほど軽減されました。
ありがたいです。今後も自分がどのように変化していくのか、楽しみです。
こちらの病院でに出会えてよかった。
いつもお世話になっています。
かなり時間をかけて話を聞いてくれる。
栄養療法主体だが必要に応じて薬も出してくれる。先生はとても勉強熱心な方で信用しています。
出典 Google

③ 宋神経科クリニック

兵庫県神戸市中央区元町通3丁目3-4 啓生会ビル
宋神経科クリニック 院長 宋龍啓
こちらの院長さんの写真は見つかりませんでした。名前からすると日本の方ではない可能性が高いですね。
アルコール依存症に関する書籍をホームページより無料で見ることが可能です。
とても詳しく書かれていますので、悩んでいる方は参考になると思います。

宋神経科クリニックのGoogle口コミ

信じられないほど楽に断酒出来ました。

入院ではなく通院で治療する点も、理にかなっていると思います。

出典 Google

まとめ

今回のニュースで、アルコール依存治療の医師が、飲酒運転で事故を起こし捕まるって、事実なのか疑いました。
今回、人が巻き込まれ死ななくて本当に良かったです。
現在、クリニックや院長の名前は公開されておらず、特定ができませんでしたが、飲酒事故を起こし逮捕された院長は67歳とのことです・・・
去年の池袋の事故を思い出してしまいました。
正直二度と、車の運転をしてほしくないですし、医者を名乗ってほしくありませんね。