国内ニュース

新型コロナウイルスは経路不明の感染者がすでに相当数いる!急増する恐れも

中国を中心に急増している新型コロナウイルスですが、残念ながら国内初の死者がでてしまいました・・・

今後、新型肺炎・コロナウイルスの感染経路が確認できない感染者が出てきた場合、日本国内で相当数感染者がいる可能性がありますので、本当に気を付けなければいけません!

感染経路が追跡できない感染者が出た場合について、WHOで感染症対策を指揮してきた東北大学の押谷仁教授は「国内ではすでに相当数の感染者がいて、今後、見つかる患者の数が増えるおそれがある」として、今後は水際対策よりも重症の患者を集中的に治療できる医療態勢の整備を迅速に進めることが重要だと指摘しました。

出典 NHK WEB NEWS

感染経路が確認できない感染者・各地の感染情報

新型肺炎発症前、14日以内に中国など海外へ入った事が無く、コロナウイルス感染者(患者)との接触をしていない国内感染者が増えてきています。

【千葉県20代男性】新型コロナウイルスの感染確認、直近渡航歴なし

千葉県によりますと、県内に住む20代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。

男性は、今月2日に37度台の熱が出たあと、翌日に医療機関を受診しましたが症状が改善せず、10日には別の医療機関を受診して肺炎を起こしていることがわかり入院しました。

その後、抗菌薬でも症状がよくならなかったため、検体を採取したところ、13日になって感染が確認されたということです。

出典 NHK WEB NEWS

【東京都70代男性】新型コロナウイルス感染確認・タクシー運転手

加藤厚生労働大臣は、東京都の70代のタクシー運転手の男性が感染したことを明らかにしました。

この男性は1月29日に発熱し、都内の医療機関を受診しましたが、症状が改善しないため、2月3日に再受診したところ、別の都内の病院を紹介されて、診察を受けたということです。

その後、2月6日にこの医療機関に入院し、12日に検査を実施しましたが、特定の感染症と診断されなかったため、検体を採取しました。

そして翌日の13日に、都内の地方衛生研究所で、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性であることが明らかになったということです。

この男性は発症後は自宅療養しており、勤務はしていないということです。

感染経路をたどることが難しいケースも増えてくる!

今回感染した都内のタクシー運転手は、中国人とみられるお客を乗せた可能性があると証言しています。
東京医科大学の濱田教授によると、中国武漢以外の中国人感染者が日本国内にたくさん来ていることを考えると、感染者が一気に増加する可能性が高いとのこと。
更に中国からの入国制限を強化すべきと話しています。

【和歌山県50代男性】新型コロナウイルス感染確認・医師

和歌山県湯浅町の病院に勤務する50代の外科医の男性が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

この医師は先月31日に発熱などや全身のけん怠感が出たあと、肺炎の症状がみられたため、10日に入院し、13日の検査で陽性と判明しました。

県によりますと発熱などの症状が出た後も今月3日から5日までは病院で診察など通常の勤務をしていましたが、6日以降は休み、自宅で療養していました。

医師は現在、別の医療機関に入院していますが、発症前の14日間、中国への渡航歴はなく、中国から来た人との明らかな接触も確認できていないということです。

また医師の周辺などで3人が肺炎のような症状を訴えていて、現在、感染していないか、県が検査しています。

新型コロナウイルスに感染した50代の医師が勤務する病院名は?

今回感染が確認された医師の勤務先は、済生会有田病院です。
現在、新規の患者さんは受け付けていないとのこと。既に入院している患者さんは、全員検査を実施する予定です。

【北海道50代男性】コロナウイルスに感染、集中治療室で治療

2月14日、北海道に住む50代の日本人の男性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認され、北海道では2例目となりました。

北海道によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは道内に住む50代の日本人の男性です。

男性は先月31日に発熱やせき、けん怠感を訴え医療機関を受診したところ肺炎の症状が見られ、道内の衛生研究所で検査した結果、14日新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

男性の症状は重く、呼吸状態が改善せず集中治療室で治療を受けているということです。

男性は、感染が確認されるまで3か所の医療機関を受診していて、海外への渡航歴はないと話しているということです。

道は14日夜、対策本部会議を開き、関係機関が連携して拡大防止に万全を期すことを確認しました。

【愛知県60代男性】コロナウイルスに感染はハワイ旅行後?

2月14日、愛知県に住む60代の日本人男性が新型肺炎コロナウイルスに感染。

男性は今月3日にかぜの症状が出たあと、今月8日に39度の発熱があり医療機関を受診しました。

今月10日に再び受診した際に肺炎の兆候がみられ、13日ふらつきがあり、愛知県内の医療機関に救急搬送されて入院しました。

そして検査の結果、14日新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

男性は先月28日から今月7日まで旅行でハワイに滞在し、8日以降は自宅で療養していました。

飛行機に搭乗した際や外出時はマスクを着用していたということです。

国内初の感染者死亡!今後更に死者が増える可能性が高い

残念ながら、国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が死亡してしまいました。

【神奈川県80代女性】新型コロナウイルス感染後死亡

神奈川県に住む80代の日本人の女性は、先月22日に体調が悪くなり、今月1日、医療機関で肺炎と診断され、入院しました。そして12日、症状が悪化し、13日死亡したということです。

この女性について検査した結果、13日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。国内で新型コロナウイルスの感染者が死亡したのは初めてです。

女性は海外への渡航歴はなかったということで、厚生労働省は感染経路などについて詳しく調べることにしています。

新型コロナウイルス感染者人数(2月13日現在)

日本国内で新型コロナウイルス感染者人数は以下の通りです。
2020年2月13日 現在
クルーズ船 218人
検疫官 1人
チャーター機 12人
それ以外観光客 他 20人
合計 251人

今後新たに経路不明の感染者が出てきましたら、情報をあげていきます。