国内ニュース

【休園間近?】コロナウイルス感染リスクが高い東京ディズニーランド!実は中国人は減っていない!

中国を中心に日本も新型肺炎コロナウイルスの感染者が増えています。やはり、中国人観光客が多い場所はどうしても警戒してしまうのは仕方がありません。

中国の旅会社は、新型肺炎コロナウイルスの感染拡大を受け、「日本などの団体海外旅行をすべて禁止すると」と発表。

の、はずでしたが・・・感染が拡大している現在、実際は毎日中国人観光客が訪日し、その多くが東京ディズニーランドに行っているって知ってましたか?

今回は、東京ディズニーランドの年間パスポートで年300日以上通っている熱烈ディズニーファンに、現状どうなっているのか話を聞いてみました。

新型コロナウイルスの影響で変化があったことは?

年間300日以上、毎日のように東京ディズニーランドに通う熱烈なディズニーファンのAさんに、コロナウイルスの影響で変化が起きていることについて聞いてみると、以下の事がわかりました。

  • 今、東京ディズニーランドは中国人だらけ
  • 春休みに入った大学生など若い層は相変わらず多い
  • 子連れのママなどは減っている

などなど。

今、東京ディズニーランドは中国人だらけ

先日、ディズニーシーに行った方にお話を聞いてみると、例年よりも人が少なめで多くのアトラクションはスムーズとのこと。

中国人をあまり見かけなかったという証言がありましたので、やはり中国人観光客は減ってきているのかと思っていました。

しかし、感染拡大している今でも、毎日のように東京ディズニーランドに通っているA子さんによると、ランドは少ない日もあるが、均してみるとやはり中国人が多いという。

中国人観光客の多さは、ディズニーランドとディズニーシーで結構差があるのかもしれません。

全体的に空いている理由は、日本人が少なくなっているということでしょう。

>>千葉で新型コロナウイルス感染者!首都圏で感染しやすい場所はココ

中国人は日本入国の攻略法があるらしい

 

一番多く感じるのはレストラン

園内を見る限り、中国人観光客が多いという事を判断するまではいかないが、はっきりと中国人だらけとわかる場所は、レストランなどの飲食店だそうです。

席のまわりで聞き慣れない言葉が飛び交えば、中国人だと判断することは難しくありません。

例年に比べて明らかに減っている日もありますが、レストランを見る限り、まだたくさんの中国人がいるといいます。

信じられない事に、現在も日にちや時間帯によっては、座席の半数近くを中国人が占めている場合もあるそうです。

マスクを外す唯一の場所が危ない

東京ディズニーランドでの中国人マナーに、もう慣れたというAさんも、レストランでは食事のためにお互いマスクを外すので、さすがに心配になってしまうといいます。

感染拡大している現在でも、中国人観光客はマスクを外し大きな声で話し、くしゃみや咳をする時も口を覆わない。子供は野放し好き放題は変わっていないようです。

レストランはお互いにマスクを外すことから、感染リスクが高い場所といえるでしょう。

春休みに入った大学生など若い層は相変わらず多い

休日平日共に、若い年齢層の来園者はあまり減っていないといいます。

特に、春休みに突入した大学生は平日はにぎわい、休日も若い男女や女子グループが多いという。

また、若い人たちの多くはマスクをしていない、もしくは混みあっている場所でも外している時間が長いとのことです。

お互いの話し声が聞きづらいのか?インスタ映えなのか?

若い人ほど混みあっている場所でのコロナウイルス感染の危機感が無い人が多いようです。

子連れのママなどは減っている

東京ディズニーランドといえば、小さな子供を連れたご家族や、ママ友グループのベビーカー集団を多く見かけますが、現状はとても少ないといいます。

やはり、大切なわが子が新型コロナウイルス感染のリスクをおってまで東京ディズニーランドに行くのはどうなのか考えているのでしょう。

とはいえ、小さな子供がいる中国人家族は、特に減っているわけでもない日が結構あるといいます。

中国人やディズニー好きが行くことをやめない理由とは

コロナウイルス感染が拡大してきている中、いくら中国人がたくさんいても熱狂的なディズニー好きな人々は、東京ディズニーランドに行くことをやめないという。

当の中国人も、本土ならまだしも日本なら安全だと言い切っている人も多いようです。

感染リスクがある今、中国人観光客やディズニー大好き日本人は、なぜ行くことをやめないのかは以下の理由が考えられます。

  • 特別なショーが期間限定
  • 本気で深刻だとは思っていない人が多い

などです。

特別なショーが期間限定

東京ディズニーランドでは、年間を通じて数々のショーがあります。

特に、今年は3月19日に終了してしまう、今回限りの特別なプログラム「ベリーベリーミニー」新ショーの「イッツベリーミニー」などとても人気なイベントがあります。

ですので、頻繁に訪れることができない遠方の方は1度のチャンスを見逃すわけにはいかないようです。

1年間の内、殆どを東京ディズニーランドで過ごすAさんによると、東京ディズニーランドは、毎日のように変化する場所がたくさんあるとのことです。

とにかく、見逃して後悔してしまうということが、何より避けたいことと言っていました。

現在の感染リスクよりも、ディズニーに行かないということ自体がリスクな人も多いのでしょう。

中国人観光客も、何カ月も前から多額のお金を準備して、東京に行くことを夢見た人も多いでしょう。

今、中国本土が一番危険なので、東京ディズニーランドへ行かない方が後悔すると思っているのかもしれません。

本気で深刻だとは思っていない人が多い

たくさんの中国人観光客がいる様な場所は、新型肺炎コロナウイルスに感染してしまうかもしれないと思うのが普通です。

しかし、熱狂的なディズニー好きな人の中には、どうやらコロナウイルスが本気で深刻だと思っていない人が多いらしい。

とてもビックリしたのは、「夢の国では、どんなウイルスも無効なのよ!」とまで言う人もいる。

正直、既に別のウイルスが脳に感染してしまっているのではないかと思うほど強烈なコトバでした・・・

一般的な考えでは、到底理解できませんが、感染リスクがどんなに高い場所でも、本人たちは本気で感染することは無いと思っている様です。

現在、東京ディズニーランドでは入園お断りや休園はしない

中国の上海ディズニーランドでは、1月24日から新型コロナウイルスの影響を受け、しばらく休園することを発表しました。

先日、コロナウイルス感染により死者が出た日本。

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、現段階で時間短縮や休園など検討していることは無いようです。

また、「中国人観光客の入園をことわる対策はしない方針」であることも明らかになりました。

ツイッターなどの反応

 

https://twitter.com/yukky115/status/1228256722373902337?s=20

https://twitter.com/axlroze6969/status/1225707692452282369?s=20